法令の遵守と信用を重んじ安全確実な
運航を遂行する船舶管理会社となり、
環境保全活動にも積極的に取り組み、
荷主、社会に貢献する。

"Carry out safe and
contribute to shippers and society."

私たち青峰海運は平水区域で石油製品を輸送する船主(船舶管理会社)です。創業から100年を超える歴史の中で『安全確実』を旗印に、荷主様、運航会社様、従業員、その家族の『笑顔』を守ってきました。このことは後の100年、どれだけ社会のスタイルが変化しようとも変えることなく守り続けていきます。とは言え環境対策や働き方改革など変えるべきことは迅速に変え、一方創業の代より築いてきた信頼や技術など伝えるべきことはしっかりと伝えていきたいと思います。

青峰海運株式会社は『安全確実』を推進基盤とし、羅針盤を全ての人の笑顔に合わせ、歴史ある海運会社の責任と誇りを胸に社会に貢献し、未来に向けて航海を続けてまいります。

代表取締役社長 新浪正也

01

PHILOSOPHY

経営理念/行動指針

経営理念

法令の遵守と信用を重んじ安全確実な運航を遂行する船舶管理会社となり、環境保全活動にも積極的に取り組み、荷主、社会に貢献する。

行動指針

○人を育て、会社の資質を高める
○目くばり、気くばり、心くばりで安全で明るい職場作り
○5S活動の徹底で職場環境を整える
○安全管理システムの構築により管理船舶の事故を撲滅する

SDGsの取り組みについて

青峰海運株式会社は国連が提唱する「持続可能な2030年までの開発目標(SDGs)」の達成を全社員の共通課題として捉え、経営理念に基づき、 社会的課題の解決に取り組むことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

1.「安全・確実」を第一に世界経済に貢献

2.海上サラリーマンという選択

3.豊かな自然環境を守る責任

4.地域社会と共に

「健康経営優良法人2023」に認定されました

青峰海運株式会社は、3月8日、経済産業省および日本健康会議が実施する健康経営優良法人認定制度の「健康経営優良法人2023」(中小規模法人部門)に認定されました。

「健康経営優良法人認定制度」とは健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省が地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。この度、当社は従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人として評価を受けました。

紅竜丸が内航船省エネルギー格付を取得しました!

青峰海運株式会社が所有する内航船舶「紅竜丸」が、国土交通省が実施する「内航船省エネルギー格付制度」において、4つ星を獲得いたしました。

本制度は、国土交通省が内航船舶のCO2排出削減目標「2030年に2013年度比で157万トンのCO2削減」を達成するため、船舶の省エネルギー及び省CO2効果を「見える化」し、評価する制度です。評価方法は、運航船舶の環境性能を基準値からの改善率に応じて1~5つの星で評価されます。

詳細は 国土交通省 報道発表資料 をご覧ください。

サステナブル経営に取り組んでいます!

青峰海運株式会社は環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の3つの観点で、持続可能性を配慮した上で、事業の持続可能性と両立させ、その管理監督を実践するサステナブル経営に取り組んでいます。

自然災害による被害は甚大化しており、都市インフラの崩壊などが生じれば生活はもちろん、その延長にある企業活動も成立しません。今のまま地球温暖化が進行すればそんな未来が待っているかもしれません。気候変動のリスクを最小化するためには、国や国民、そして企業全体が取り組む必要があります。

青峰海運株式会社では、CO2排出量の削減目標として、2030年までに42.0%を削減することを掲げています。

02

COMPANY

企業情報

会社名

青峰海運株式会社

所在地

〒455-0037
愛知県名古屋市港区名港一丁目1番10号

連絡先

TEL:052-653-1100
FAX:052-652-6818
E-mail:info@seihokaiun.co.jp

設立

1983年4月27日

資本金

2,400万円

決算期

3月

代表者

新浪 正也

役員

取締役会長   新浪 正
代表取締役社長 新浪 正也
代表取締役専務 畔栁 隆司
取締役総務部長 畔栁 友美

執行役員

執行役員 舩原 庄元

従業員

陸上 7名 / 海上 44名
計 51名

事業種目

内航船舶貸渡業
第一種登録船舶管理事業
内航海運業

許可運輸局

中部運輸局

許可番号

部R-0548

主要取引先

旭タンカー株式会社
昭和日タン株式会社
近海タンカー株式会社

主要取引銀行

名古屋銀行
商工組合中央金庫
中京銀行
三十三銀行

適格請求書発行
事業者登録番号

T11800010477996

03

HISTORY

沿革

1926年

創業者、新浪半松(現会長 新浪正の祖父)が機帆船による石炭および雑貨物の海上運送を始める。

1962年

新浪藤次郎が、伊勢湾地区平水船を丸楽商運株式会社で用船に出し伊勢湾地区海運業を開始。

1965年5月

株式会社青福丸設立

1983年4月

株式会社青福丸から分離独立し、吉良海運有限会社とキラマリン有限会社を設立し、当社との用船を継承。

1985年

東京湾平水事業に進出する。

1995年5月

吉良海運有限会社が、キラマリン有限会社を吸収合併し、 新社名「青峰海運株式会社」として今日に至る。

2003年3月

会社 ISM 取得

2003年12月

第二十八青峰山丸 SMC 取得

2004年11月

開運丸 SMC 取得

2005年9月

第十二青峰山丸 SMC 取得

2007年7月

鹿島港平水事業に進出する。

2014年

JX日鉱日石エネルギー株式会社様より安全、品質、環境活動、年間無事故船主部門優秀賞を受賞

2022年

SDGs宣言 CO2削減の取り組み

2023年3月

健康経営優良法人2023(中小規模法人部門)に認定

2023年6月

紅竜丸が内航船省エネルギー格付(4つ星)を取得

2023年11月

沿海区域事業に進出する。

04

ACCESS

アクセス

名古屋本社

〒455-0037
愛知県名古屋市港区名港一丁目1番10号

TEL:052-653-1100
FAX:052-652-6818
Email:info@seihokaiun.co.jp

川崎出張所

〒210-0822
神奈川県川崎市川崎区田町二丁目5番1号

TEL:044-287-6755
FAX:044-287-6756
Email:kawasaki@seihokaiun.co.jp

鹿島出張所

〒314-0112
茨城県神栖市知手中央二丁目6番37 城之内ハイツA-6

TEL:0299-96-1060
FAX:0299-96-1060
E-mail:kashima@seihokaiun.co.jp